RESCUE-Japan Study

Recovery by Endovascular Salvage for Cerebral Ultra-acute Embolism (RESCUE)-Japan Study

結果はこちら↑


RESCUE-Japan Study Group
超急性期脳梗塞に対する血管内治療研究会


主任研究者

吉村 紳一  兵庫医科大学 脳神経外科学講座
坂井 信幸  神戸市立中央市民病院脳神経外科


1. 本研究会について

本研究会は、わが国における超急性期脳梗塞に対する血管内治療の治療効果を科学的に検証するための研究組織である。通称RESCUE-Japan (Recovery by Endovascular Salvage for Cerebral Ultra-acute Embolism-Japan) study groupとする。


2. 目的

本研究会は、わが国における超急性期脳梗塞に対する血管内治療の発展に寄与することを理念とする。本研究会の目的は以下のとおりである。

1) 超急性期脳梗塞に対する血管内治療の臨床研究の計画、実施

2) 研究データの解析とそのデータの公表と発信


3. 進行中の研究
3-1. RESCUE-Japan Registry 2(超急性期脳梗塞に対する血管内治療の有効性確認のための登録研究)

1. 意義と目的

RESCUE-Japan RCT研究参加施設において、脳主幹動脈急性閉塞症の治療実態を知ることは重要である。このため多施設前向き登録調査により脳主幹動脈急性閉塞症の全体像を明らかにすることを目的とする。


本研究の登録は終了いたしました。多数のご登録ありがとうございます。現在結果を集計しております。

3-2. RESCUE Japan Project

1.意義と目的

 脳主幹動脈閉塞症に対する血栓回収療法の有用性が示され、米国心臓協会のガイドラインにてt-PA静注療法に本治療を追加することが強く推奨された(グレード1a)。

 しかし、本治療法は年間1万件に達していないと推定され、わが国における脳梗塞による年間死亡数が年間6万6,058人(厚生労働省「平成26年 人口動態統計(確定数)の概況」より)を考慮すると著しく不足していると考えられる。また、第32回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会において全国アンケート調査を行った結果、多くの都道府県で治療を行えない地域が存在することが示唆された。

 このため同会にて「脳梗塞に対する血管内治療の普及に関する学会宣言(神戸宣言)」を行った。本宣言においては、わが国において今後、脳梗塞に対する血管内治療を普及させるためのプロジェクト(RESCUE-Japan Project)として以下の順でアクションを起こすことを明示した。

 Action1:調査と公表
血栓回収療法が受けられるエリアと受けられないエリアを正確に調べ、その情報を公表する

 Action2:啓発
急性期脳梗塞に対する血管内治療が有効であることを全国に知らせる

 Action3:実践
治療をできるだけ多くの患者に行うための支援をする

 本プロジェクトの目的は、我が国の血栓回収療法の実態を明らかにして公表することで、より多くの患者が治療を受けられる体制を構築できるように支援することである。

2. 研究の実施方法及び期間
 我が国の血栓回収療法の実態調査と解析
1) JSNET専門医に対し、2016年1月1日〜12月31日までの期間の急性再開通療法の治療数を調査する

2) 都道府県単位の総治療数と市区町村単位の治療実態を解析する

3) 本実態調査は、その後も3年間継続して行う

RESCUE-Japan事務局

兵庫医科大学 脳神経外科学講座
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号
TEL: 0798-45-6455
FAX: 0798-45-6457
Email: rescue-j@hyo-med.ac.jp